個人情報保護に関する基本方針

■個人情報保護に関する基本方針

トヨタ・コニック・プロ株式会社(詳細はこちら。以下「弊社」といいます)は、トヨタグループの一員として、トヨタのマーケティング資産を最大限に活かして、マーケティングのあらゆる領域で最適解をご提供しています。この提供のためにお客様、お取引先、弊社の従業者等及び弊社への採用応募者(以下、総称して「お客様等」といいます)からの大切な個人情報を、本個人情報保護に関する基本方針(以下「本方針」といいます)に基づいて適切に保護していきます。

個人情報保護への社会的要請がますます高まる中、事業活動に関わる人すべての個人情報を守るために個人情報保護方針を明確に掲げ遵守するとともに、全従業員に徹底して参ります。

■弊社が取得する個人情報

弊社は、(紙面、電子データ、音声、画像等形態を問わず)以下の個人情報を取得する場合があります。

・広告主、媒体社等のお取引先から取扱いを委託された情報
・各種リサーチ等により得られた情報
・マーケティング活動により得られた個人情報
・弊社が提供するサービスの利用に伴い得られた情報
・その他の事業活動により得られた情報
・弊社及び弊社関連会社の全従業員等の情報

■個人情報保護の基本的対応

弊社は、個人情報の収集、利用及び提供を行うために以下の基本的対応を掲げ、これを守っていきます。

関連法規の遵守
弊社は、個人情報を取り扱う際に、「個人情報の保護に関する法律」(平成15年法律第57号。以下「個人情報保護法」といいます)をはじめ個人情報保護に関する関係諸法令、及び関連省庁ガイドラインに定められた義務等を遵守します。

個人情報の適正な取得・利用
弊社は、個人情報の取得に当たっては、適正な手段で取得し、利用目的をできるかぎり特定した上、利用目的の範囲内でのみ個人情報を取り扱います。
また、個人情報を目的外利用する場合、第三者に提供する場合は、あらかじめご本人の同意を得た上で、個人情報を取り扱います。

安全管理体制
弊社は、社内の責任体制を明確にするとともに、弊社の全従業員に対して教育を実施し、個人情報取り扱いの意識づけの徹底を図って参ります。また不正なアクセスを制御する情報システムの構築も併せて実施します。その際、安全管理に必要な処置を全従業員のみならず委託先にも講じ監督します。

事故の発生への対応
個人情報の漏えい、滅失、毀損又はそれらのおそれのある事案が発生した場合は、当局への報告及びお客様等への通知を含め関係者に即時に対応する体制を構築します。

開示等の請求への対応
ご本人から保有個人データの開示、訂正、削除、第三者への提供停止等を求められたときは、これに対応します。その際、効率的な対応を行うために受付窓口を設置致します。詳細は、下記「5. 開示等の請求に関する手続」をご覧ください。
また、ご本人からの苦情やお問合せに対しても迅速に取り組む体制を構築します。

環境変化への対応
個人情報に関する法令等の制定、社会情勢の変化に対して、柔軟に対応し改善を図って参ります。

 

個人情報の取り扱い

1. 個人情報の利用目的

弊社が、お客様等から直接書面に記載された個人情報を取得する場合は、その都度、利用目的を明示させていただきます。
弊社が、書面によらずに個人情報を直接取得する場合、または間接的に取得する場合は、次の利用目的の範囲内で取り扱わせていただきます。それ以外の目的で個人情報を利用する際は、利用目的を明示した上で取得いたします。

 

2.個人情報の「第三者提供」について

(1)弊社は、お客様等より取得させていただいた個人情報を適切に管理し、あらかじめお客様等の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。ただし、次の場合は除きます。

  • 法令に基づく場合。
  • 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
  • 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
  • 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
  • 当該第三者が学術研究機関等である場合であって、当該第三者が当該個人データを学術研究目的で取り扱う必要があるとき(当該個人データを取り扱う目的の一部が学術研究目的である場合を含み、ご本人の権利利益を不当に侵害するおそれがある場合を除きます)

(2)弊社は、あらかじめお客様等の同意を得ることなく個人データを外国にある第三者に提供することはありません。ただし、次の場合は除きます。

  • 法令に基づく場合。
  • 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき。
  • 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき。
  • 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
  • 当該第三者が学術研究機関等である場合であって、当該第三者が当該個人データを学術研究目的で取り扱う必要があるとき(当該個人データを取り扱う目的の一部が学術研究目的である場合を含み、ご本人の権利利益を不当に侵害するおそれがある場合を除きます)
  • 個人の権利利益を保護する上で我が国と同等の水準にあると認められる外国として個人情報保護委員会規則で定める国にある第三者に提供する場合
  • 個人データの提供を受ける者との間で、適切かつ合理的な方法により、個人情報保護法第4章第2節の規定の趣旨に沿った措置の実施が確保されている場合
  • 当該第三者が個人データの取扱いに係る国際的な枠組みに基づく認定を受けている場合

3.個人データの委託時の取扱いについて

弊社は、上記1に記載の利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取扱いの全部又は一部を第三者に委託する場合があります。この場合、弊社は適正な委託先を選定するとともに、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。

4.個人データの安全管理措置

弊社では、個人情報の漏洩、滅失又はき損等を防止するために、必要かつ適切な組織的、人的、物理的、技術的安全管理措置を講じております。安全管理措置の詳細は、お問い合わせ窓口にお問い合わせください。

5.開示等の請求に関する手続き

弊社では、ご本人又はその代理人からの保有個人データの利用目的の通知、開示、訂正、追加、削除、利用の停止、消去、及び第三者への提供の停止、並びに第三者提供記録の開示の求め(以下、総称して「開示等の求め」といいます)に対応しております。

(1) 「開示等の求め」のお申出先
〒101-8343
東京都千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワー9F
トヨタ・コニック・プロ株式会社 個人情報お問合せ窓口

(2)「開示等の求め」に際して提出していただく書面(様式)等
「開示等の求め」を行う場合は、次の申請書Aをダウンロードし、所定の事項をすべてご記入の上、ご本人確認のための書類Bと、「利用目的の通知」、「開示」又は「第三者提供記録の開示」の場合のみ(4)の手数料(切手¥480-)を同封し、簡易書留か配達記録郵便にてご郵送ください。また、封筒に「開示等請求書類在中」とお書き添えください。

A. 弊社所定の申請書
「保有個人データ」開示申請書 *申請内容の□に必ずチェックをしてください。
B. 本人確認のための書類
以下のいずれか1点のコピーを同封してください。
・運転免許証、パスポート、各種保険の被保険者証

(3) 代理人による「開示等の求め」
「開示等の求め」をする方が本人の法定代理人もしくは本人が委任した代理人である場合は、前項の書類に加えて、以下の書類を同封してください。

a. 法定代理人の場合
・法定代理権があることを確認するための書類 1通
・法定代理人本人であることを確認するための書類 1通 上記(2)Bと同様
b. 委任による代理人の場合
弊社所定の委任状 1通(委任状をダウンロードしてください。)
・ご本人の印鑑証明書 1通
・代理人ご本人であることを確認するための書類 1通 上記(2)Bと同様

(4) 「開示等の求め」の手数料
「利用目的の通知」、「開示」又は「第三者提供記録の開示」については、1回の申請ごとに手数料をいただきます。480円分の郵便切手を申請書類に同封してください。

※「利用目的の通知」、「開示」又は「第三者提供記録の開示」以外の申請の場合は無料ですので切手は不要です。
※手数料が不足していた場合、及び手数料が同封されていなかった場合は、その旨ご連絡申し上げた上で、手数料到着確認後、順次対応いたします。ただし、2週間を過ぎても手数料が届かなかった場合は、申請を取りやめたものとみなし、お預かりした申請書類一式をご返送いたしきます。

(5) 「開示等の求め」に対する回答方法
申請書に記載された住所宛に郵送又は電子メールによってご回答申し上げます。尚、開示方法については電磁的記録又は書面による開示のいずれかをご選択いただけます。

※「保有個人データ」開示申請書の所定欄にてご希望の回答方法/開示方法をご指定ください。

(6) 開示等の求めに関して取得した個人情報の利用目的
開示等の求めに伴い取得した個人情報は、開示等の求めに必要な範囲のみで取り扱うものとします。ご提出いただいた書類は、開示等の求めに対する回答が終了した後、廃棄いたします。
※「保有個人データ」及び「第三者提供記録」の不開示事由について 次に定める場合は、不開示とします。不開示を決定した場合は、その旨、理由を付記してご通知申し上げます。なお、不開示の場合についても所定の手数料をいただきます。

・申請書に記載されている住所・本人確認のための書類に記載されている住所・弊社の登録住所が一致しないなど、ご本人が確認できない場合
・代理人による申請に際して、代理権が確認できない場合
・所定の申請書類に不備があった場合
・開示の求めの対象が「保有個人データ」又は「第三者提供記録」に該当しない場合
・ご本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
・弊社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
・開示を求められた「第三者提供記録」が、その存否が明らかになることにより公益その他の利益が害されるものとして政令に定められたものに該当する場合
・他の法令に違反することとなる場合

6.本方針の変更

弊社では、本方針の全部又は一部を変更することがあります。ただし、法令に照らして本人の同意が必要となる本方針の変更を行う場合、変更後の本方針は、当該変更に同意した利用者に対してのみ適用されるものとします。

5.苦情等の受付窓口に関する事項

(1)個人情報の取扱いに関する苦情等の申出先
弊社の個人情報の取扱いに関するご意見、ご質問、苦情については、下記まで、お手紙にて、お申し出ください。

〒101-8343
東京都千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワー 9F
トヨタ・コニック・プロ株式会社 個人情報お問合せ窓口

なお、直接ご来社いただいてのお申し出はお受けいたしかねますので、その旨ご了承賜りますようお願い申し上げます。

(2) 弊社の所属する「認定個人情報保護団体」の名称及び苦情の申出先
現在、弊社の所属する認定個人情報保護団体はありません。

個人情報保護に関する基本方針

■個人情報保護に関する基本方針

トヨタ・コニック・プロ株式会社(詳細はこちら。以下「弊社」といいます)は、トヨタグループの一員として、トヨタのマーケティング資産を最大限に活かして、マーケティングのあらゆる領域で最適解をご提供しています。この提供のためにお客様、お取引先、弊社の従業者等及び弊社への採用応募者(以下、総称して「お客様等」といいます)からの大切な個人情報を、本個人情報保護に関する基本方針(以下「本方針」といいます)に基づいて適切に保護していきます。

個人情報保護への社会的要請がますます高まる中、事業活動に関わる人すべての個人情報を守るために個人情報保護方針を明確に掲げ遵守するとともに、全従業員に徹底して参ります。

■弊社が取得する個人情報

弊社は、(紙面、電子データ、音声、画像等形態を問わず)以下の個人情報を取得する場合があります。

・広告主、媒体社等のお取引先から取扱いを委託された情報
・各種リサーチ等により得られた情報
・マーケティング活動により得られた個人情報
・弊社が提供するサービスの利用に伴い得られた情報
・その他の事業活動により得られた情報
・弊社及び弊社関連会社の全従業員等の情報

■個人情報保護の基本的対応

弊社は、個人情報の収集、利用及び提供を行うために以下の基本的対応を掲げ、これを守っていきます。

関連法規の遵守
弊社は、個人情報を取り扱う際に、「個人情報の保護に関する法律」(平成15年法律第57号。以下「個人情報保護法」といいます)をはじめ個人情報保護に関する関係諸法令、及び関連省庁ガイドラインに定められた義務等を遵守します。

個人情報の適正な取得・利用
弊社は、個人情報の取得に当たっては、適正な手段で取得し、利用目的をできるかぎり特定した上、利用目的の範囲内でのみ個人情報を取り扱います。
また、個人情報を目的外利用する場合、第三者に提供する場合は、あらかじめご本人の同意を得た上で、個人情報を取り扱います。

安全管理体制
弊社は、社内の責任体制を明確にするとともに、弊社の全従業員に対して教育を実施し、個人情報取り扱いの意識づけの徹底を図って参ります。また不正なアクセスを制御する情報システムの構築も併せて実施します。その際、安全管理に必要な処置を全従業員のみならず委託先にも講じ監督します。

事故の発生への対応
個人情報の漏えい、滅失、毀損又はそれらのおそれのある事案が発生した場合は、当局への報告及びお客様等への通知を含め関係者に即時に対応する体制を構築します。

開示等の請求への対応
ご本人から保有個人データの開示、訂正、削除、第三者への提供停止等を求められたときは、これに対応します。その際、効率的な対応を行うために受付窓口を設置致します。詳細は、下記「5. 開示等の請求に関する手続」をご覧ください。
また、ご本人からの苦情やお問合せに対しても迅速に取り組む体制を構築します。

環境変化への対応
個人情報に関する法令等の制定、社会情勢の変化に対して、柔軟に対応し改善を図って参ります。

 

個人情報の取り扱い

1. 個人情報の利用目的

弊社が、お客様等から直接書面に記載された個人情報を取得する場合は、その都度、利用目的を明示させていただきます。
弊社が、書面によらずに個人情報を直接取得する場合、または間接的に取得する場合は、次の利用目的の範囲内で取り扱わせていただきます。それ以外の目的で個人情報を利用する際は、利用目的を明示した上で取得いたします。

 

2.個人情報の「第三者提供」について

(1)弊社は、お客様等より取得させていただいた個人情報を適切に管理し、あらかじめお客様等の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。ただし、次の場合は除きます。

  • 法令に基づく場合。
  • 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
  • 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
  • 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
  • 当該第三者が学術研究機関等である場合であって、当該第三者が当該個人データを学術研究目的で取り扱う必要があるとき(当該個人データを取り扱う目的の一部が学術研究目的である場合を含み、ご本人の権利利益を不当に侵害するおそれがある場合を除きます)

(2)弊社は、あらかじめお客様等の同意を得ることなく個人データを外国にある第三者に提供することはありません。ただし、次の場合は除きます。

  • 法令に基づく場合。
  • 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき。
  • 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき。
  • 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
  • 当該第三者が学術研究機関等である場合であって、当該第三者が当該個人データを学術研究目的で取り扱う必要があるとき(当該個人データを取り扱う目的の一部が学術研究目的である場合を含み、ご本人の権利利益を不当に侵害するおそれがある場合を除きます)
  • 個人の権利利益を保護する上で我が国と同等の水準にあると認められる外国として個人情報保護委員会規則で定める国にある第三者に提供する場合
  • 個人データの提供を受ける者との間で、適切かつ合理的な方法により、個人情報保護法第4章第2節の規定の趣旨に沿った措置の実施が確保されている場合
  • 当該第三者が個人データの取扱いに係る国際的な枠組みに基づく認定を受けている場合

3.個人データの委託時の取扱いについて

弊社は、上記1に記載の利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取扱いの全部又は一部を第三者に委託する場合があります。この場合、弊社は適正な委託先を選定するとともに、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。

4.個人データの安全管理措置

弊社では、個人情報の漏洩、滅失又はき損等を防止するために、必要かつ適切な組織的、人的、物理的、技術的安全管理措置を講じております。安全管理措置の詳細は、お問い合わせ窓口にお問い合わせください。

5.開示等の請求に関する手続き

弊社では、ご本人又はその代理人からの保有個人データの利用目的の通知、開示、訂正、追加、削除、利用の停止、消去、及び第三者への提供の停止、並びに第三者提供記録の開示の求め(以下、総称して「開示等の求め」といいます)に対応しております。

(1) 「開示等の求め」のお申出先
〒101-8343
東京都千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワー9F
トヨタ・コニック・プロ株式会社 個人情報お問合せ窓口

(2)「開示等の求め」に際して提出していただく書面(様式)等
「開示等の求め」を行う場合は、次の申請書Aをダウンロードし、所定の事項をすべてご記入の上、ご本人確認のための書類Bと、「利用目的の通知」、「開示」又は「第三者提供記録の開示」の場合のみ(4)の手数料(切手¥480-)を同封し、簡易書留か配達記録郵便にてご郵送ください。また、封筒に「開示等請求書類在中」とお書き添えください。

A. 弊社所定の申請書
「保有個人データ」開示申請書 *申請内容の□に必ずチェックをしてください。
B. 本人確認のための書類
以下のいずれか1点のコピーを同封してください。
・運転免許証、パスポート、各種保険の被保険者証

(3) 代理人による「開示等の求め」
「開示等の求め」をする方が本人の法定代理人もしくは本人が委任した代理人である場合は、前項の書類に加えて、以下の書類を同封してください。

a. 法定代理人の場合
・法定代理権があることを確認するための書類 1通
・法定代理人本人であることを確認するための書類 1通 上記(2)Bと同様
b. 委任による代理人の場合
弊社所定の委任状 1通(委任状をダウンロードしてください。)
・ご本人の印鑑証明書 1通
・代理人ご本人であることを確認するための書類 1通 上記(2)Bと同様

(4) 「開示等の求め」の手数料
「利用目的の通知」、「開示」又は「第三者提供記録の開示」については、1回の申請ごとに手数料をいただきます。480円分の郵便切手を申請書類に同封してください。

※「利用目的の通知」、「開示」又は「第三者提供記録の開示」以外の申請の場合は無料ですので切手は不要です。
※手数料が不足していた場合、及び手数料が同封されていなかった場合は、その旨ご連絡申し上げた上で、手数料到着確認後、順次対応いたします。ただし、2週間を過ぎても手数料が届かなかった場合は、申請を取りやめたものとみなし、お預かりした申請書類一式をご返送いたしきます。

(5) 「開示等の求め」に対する回答方法
申請書に記載された住所宛に郵送又は電子メールによってご回答申し上げます。尚、開示方法については電磁的記録又は書面による開示のいずれかをご選択いただけます。

※「保有個人データ」開示申請書の所定欄にてご希望の回答方法/開示方法をご指定ください。

(6) 開示等の求めに関して取得した個人情報の利用目的
開示等の求めに伴い取得した個人情報は、開示等の求めに必要な範囲のみで取り扱うものとします。ご提出いただいた書類は、開示等の求めに対する回答が終了した後、廃棄いたします。
※「保有個人データ」及び「第三者提供記録」の不開示事由について 次に定める場合は、不開示とします。不開示を決定した場合は、その旨、理由を付記してご通知申し上げます。なお、不開示の場合についても所定の手数料をいただきます。

・申請書に記載されている住所・本人確認のための書類に記載されている住所・弊社の登録住所が一致しないなど、ご本人が確認できない場合
・代理人による申請に際して、代理権が確認できない場合
・所定の申請書類に不備があった場合
・開示の求めの対象が「保有個人データ」又は「第三者提供記録」に該当しない場合
・ご本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
・弊社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
・開示を求められた「第三者提供記録」が、その存否が明らかになることにより公益その他の利益が害されるものとして政令に定められたものに該当する場合
・他の法令に違反することとなる場合

6.本方針の変更

弊社では、本方針の全部又は一部を変更することがあります。ただし、法令に照らして本人の同意が必要となる本方針の変更を行う場合、変更後の本方針は、当該変更に同意した利用者に対してのみ適用されるものとします。

5.苦情等の受付窓口に関する事項

(1)個人情報の取扱いに関する苦情等の申出先
弊社の個人情報の取扱いに関するご意見、ご質問、苦情については、下記まで、お手紙にて、お申し出ください。

〒101-8343
東京都千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワー 9F
トヨタ・コニック・プロ株式会社 個人情報お問合せ窓口

なお、直接ご来社いただいてのお申し出はお受けいたしかねますので、その旨ご了承賜りますようお願い申し上げます。

(2) 弊社の所属する「認定個人情報保護団体」の名称及び苦情の申出先
現在、弊社の所属する認定個人情報保護団体はありません。